WindowsにISC BIND9をNSISでインストールする

WindowsでDNSサーバを立てるにあたってBINDを使ったのですが、標準のBINDInstall.exeが使いにくいのと、サイレントインストールしたかったので、NSISを使ってインストーラーを作る方向にしました。

基本的には全部展開して設置したあと、VC2005再頒布可能パッケージをインストールして、named.exeをサービス登録するだけです。

ファイアウォールの許可もしています。

プラグインを3つ使っています。
Nsisunz plug-in – NSIS Zipの展開
NSIS Simple Service Plugin – NSIS サービス登録
NSIS Simple Firewall Plugin – NSIS ファイアウォール登録
Zipを二重にするのももったいないので、あらかじめ展開しておくのが妥当かとは思います。

設定ファイルは適当に作ってください。

あと肝心のBINDはこちら。
BIND | Internet Systems Consortium

!include "MUI.nsh"
!include "Sections.nsh"

!define TEMP $R0
!define TEMP2 $R1
!define VAL1 $R2
!define VAL2 $R3

Name "BIND9 Installer"
OutFile "setup.exe"

InstallDir "C:\dns"

!define BIND9_FILENAME "BIND9.8.1-P1.zip"

Section auto_setup
  
  SetOutPath "$TEMP"
  File "${BIND9_FILENAME}"
  
  SetOutPath "$INSTDIR\bin"
  nsisunz::Unzip "$TEMP\${BIND9_FILENAME}" "$INSTDIR\bin"
  
  ; VC++ 2005 redistインストール
  ExecWait '"$INSTDIR\bin\vcredist_x86.exe" /q:a /c:"VCREDI~1.EXE /q:a /c:""msiexec /i vcredist.msi /qb!"" "' 
  
  ; BINDのインストールディレクトリをレジストリに登録
  WriteRegStr HKLM "SOFTWARE\ISC\BIND" "InstallDir" "$INSTDIR"
  
  ; etcとconfに設定ファイルを配置する
  SetOutPath "$INSTDIR\conf"
  File /r "conf\*.txt"
  
  SetOutPath "$INSTDIR\etc"
  File "named.conf"
  ExecWait '"$INSTDIR\bin\rndc-confgen" -a -b 512'
  
  ; Firewall許可
  SimpleFC::AddApplication "ISC BIND" "$INSTDIR\bin\named.exe" 0 2 "" 1
  
  ; BINDをサービスに登録
  SimpleSC::InstallService "BIND" "ISC BIND" "16" "2" "$INSTDIR\bin\named.exe" "" "NT AUTHORITY\NetworkService" ""
  
  ; BINDサービス起動
  SimpleSC::StartService "BIND" "" 30

SectionEnd

Section "Uninstall"
  
  ; サービス停止と解除
  SimpleSC::StopService "BIND" 1 30
  SimpleSC::RemoveService "BIND"
  
  ; レジストリ削除
  DeleteRegKey HKLM "SOFTWARE\ISC\BIND"
  
  ; Firewall解除
  SimpleFC::RemoveApplication "$INSTDIR\bin\named.exe"
  
  ; ファイル削除
  RMDir /r "$INSTDIR"
  
SectionEnd

タグ: , ,

新しく会社作りました!

コメントをどうぞ